法人向けパソコンの導入コスト

法人向けパソコンを購入時のコストの内訳

パソコンを購入するときの費用を考える時、個人で購入するときと法人が購入するときでは多少差があります。個人で購入するときは家電量販店で1台ずつの購入になるでしょう。その他プリンタなどを一緒に買う程度です。法人が買うときはメーカーや販売代理店などを通してになり、1台ずつよりも複数台まとめての購入が多いかもしれません。法人向けパソコンを購入するときの導入費用は、まずは一台当たりのパソコンの費用になります。ただメーカーとの契約により、台数が多くなったら割引などが受けられるときがあります。その他メーカーサポートに別途加入するケースがありその費用がかかります。サポート費用は重要で、通常の保証期間が過ぎた後のトラブル時にも無償対応してもらえるようになります。

法人向けパソコンをリースで利用するとき

個人で物を使うとき、購入とレンタルなら経験した人もいるでしょう。将来的に継続して使うなら購入ですし、一時的な利用ならレンタルを利用したりします。法人はそれ以外にリースで物を利用するときがあります。法人向けパソコンをリースで利用するときにどんなコストがかかるかですが、毎月の利用料であるリース料がかかります。リース料の内訳は、それぞれの機械価格を利用期間で割った費用と、リース期間中における利息になります。パソコンは世代交代が早いので、あまり古い機械を使っていると業務の効率が下がります。リースは利息分が割高になるので購入よりも実質的な費用は掛かります。ただリース期間ごとに新しい機械への交換が進められるので、業務効率が上がってコスト低減に役立つときもあります。